ゲームと勉強。偏見と神話。

その辺にいるフリーターの話

ゲーム関連の業務(ゲーム)

ゲーム関連の仕事をしていると

IT企業特有のスタイルに感化されてきます。

 

例えば

・相手が隣りにいてもチャットで会話

・遠隔のお客様とのスムーズなタスクの割り振り

・リスクマネジメントの徹底ぶり など

まだまだ原始人レベルの自分には刺激的でした。

 

将来事務所経営する時に役立つのでは?ということがそこそこあり、

次に繋がる仕事ができているかも、と前向きに捉えています。

 

特に勉強になったものといえば「品質保証」の考え方です。

今やっているゲームの仕事というのも、一言でいえば品質保証のために行っているも同然です。

何をしたら品質保証になるのか

なぜ品質を保証しないといけないのか

誰のためにするのか

機密性・完全性・可用性はどこまで求めるのか など

考えながら仕事をすると、なかなか手応えがあります。

 

司法書士の登記申請書作成も一種の「品質保証」だと思っています。

その申請がベストな選択であるのか

申請書に記載ミスがないか

必要な添付書面は全て揃っているか

依頼人は本当に申請人と同一人物であるのか

戸籍は正確に読めているか など

品質を保障できる技術があって初めて

安心して依頼して頂ける存在になれるのでは、と考えて仕事しています。

といってもやってることはゲームですが。