ゲームと勉強。偏見と神話。

その辺にいるフリーターの話

直前3ヶ月!(勉強)

お久しぶりです。

昨年10月頃にこっそりニコニコプレミアムを解約しまして

ニコ生は放送できなくなっています。

ブログにコメントをくれたらメールで届くようになっているので

こっちで連絡くれたら嬉しいです!

記事に関係ないコメントでもオッケーですし

どの記事にコメントくれてもオッケーです。

 

さて今年度の司法書士試験まであと3ヶ月となりました。

年内のインプット、年明け3ヶ月の答練はなんとか乗り切りました。

 

1月~3月の答練シーズンは

・過去問をひと通り解く(科目によって10年~30年分)

・間違った箇所はテキストに戻りマーカーを引く(科目によっては間違ってなくても)

・土曜日は予備日

・日曜日は答練を受けて復習

という感じで過ごしました。

毎週の答練スケジュールに合わせて無事にこなしていくことができました。

 

そしてここからの勉強が合否を決める地獄のような戦いです……。

スケジューリングがそもそも大事なのですが、これが心配の種です。

講師からは答練シーズンの3ヶ月の間に

「テキスト完成+過去問1周+記述48問」を基本的に行うよう提案されていましたが、

僕がこなせたのは

「テキストの一部・過去問1周+記述17問」と、これだけです。

上記提案自体、どう考えても専業受験生向けの提案だと思ったので、

兼業向けにノルマを修正してこなしていった……というのが現状です。

 

「テキストの一部」というのは、

上にも書いたように過去問(+答練)を解いていて

間違った箇所だけ」テキストに戻っていたので、まさに「一部」なんですね。

しかし、これから3ヶ月は「もうほとんどテキストに戻らず、過去問をぐるぐる回す!」のが王道の合格法だと講師は提案しています。

もうテキストに戻らない、というのは不安に思ったので、

講師が公開講座のため梅田に来られた時に直接相談をしに行ってきました。

どうしてもあと1周はテキストを通したいです!と申し出たところ、

講師からGOサインが出ましたので、スケジューリングを手伝ってもらいながら、あと3ヶ月の計画が出来上がりました。(使用教材等で若干未定の部分はありますが)

 

ひとまず4/1の公開模試を受けて、今の自分の立ち位置を正確に把握したいと思います。

成績はまだまだCランク(受験生の上位50%~75%)だと予想します。

答練がずっとギリギリBに届かないCランクだったので、おそらく壁にぶち当たっています

量が足りない、というのは分かっているので、

4月からはスピードアップしてガンガン量をこなしていきます。

今はCランクでも、6月には上位10%に入りたいですね…。

 

勉強一辺倒の記事になりましたが、

ここずっとプライベートは勉強しかしてないので、こんな感じで!

バイトではいつも通りにゲームを満喫しています。

PS4とSwitchに少し詳しくなったかもしれません。

何秒を超えるローディング中はなになにを表示しなければならない、とか

そのあたりの規約関連に詳しくなりました。